優しく、真心に満ちたこの場所で二人らしい挙式を

バラの花に込められた愛と祝福のなかで・・・

1983年に献堂された「山手ヘレン記念教会」はバラをこよなく愛した女性、ヘレンを記念して建てられた山手の丘にたたずむ小さな教会。
庭には緑の木と色とりどりの花が咲き誇り、礼拝堂はいくつものバラのモチーフで彩られています。
そんな可憐な教会では、四半世紀ものあいだたくさんの誓いが交わされ、現在までに10,000組のカップルを祝福してまいりました。
優しく、あたたかく、真心に満ちたこの場所でこれからもずっと、かけがえのない愛を見守り続けます。
山手ヘレン記念教会【公式】HPはこちら


おふたりを乗せたROLLS ROYCE Phantom VIは、丘の上の山手ヘレン記念教会に到着。
挙式がはじまる前に、ちょっとリラックス。


アンティーク調の控え室でゆっくりと挙式前のひとときを。


自然光が差し込む、あたたかな雰囲気のチャペル。

牧師より

教会式とは、神に選ばれた男女が神と人々の前で、夫婦となるための愛の誓約を交わすこと。
山手ヘレン記念教会では、華やかで厳粛な挙式を心がけ、参列されるすべての方々とともにその喜びを体験していただけたらと思います。
私もお二人の前に立ち、司式を行うたびに深い感動と大きな喜びを感じています。
聖書が教える「結婚=真実の愛」、そして愛することの本当の意味をこれからも学び続けてください。

山手ヘレン記念教会 牧師 村椿 喜美夫

山手ヘレン記念教会でご結婚されたお二人からのメッセージ

大沢様

木々の緑に囲まれた、丘の上のかわいいチャペルでの挙式は、子供の頃からの憧れでした。その雰囲気のままに、パーティーも身内と親しい友人のみであっとホームなかたちでと考えていた私たちにとって,ザ・ローズレジデンスはまさに思い描いていたとおりの会場でした。

館内は自宅のようにデコレーションができるので、お互いの家族写真を飾りました。思い出の写真をきっかけに、ゲスト同士の会話も増えて和やかなパーティーになりました。ゲストと一緒に大切な一日をつくり上げることができ、とても感動しました。ホテルから教会まで、リムジンに乗って横浜の景色を眺めながらの道のりで、観光客の方々に祝福していただけたことも嬉しく、幸せな門出になりました。

神野様

プライベートな空間で、自分たちらしいウェディングができるのが魅力でした。
披露宴の間もいろいろな写真や手作り・思い出の品などレイアウトできて、まるで本当に自分たちのお家にご招待しているかのようでした。

式を迎えるまでの間、カウンセラーの方は分からない事を色々教えてくれたり、料理やケーキ、進行などのリクエストに親身になって応えてくださいました。
当日は、来賓、親戚、友人の皆さんとの距離が近い事で、感謝の気持ちを伝えやすく、いろんなエピソードを話して頂いた気がします。周りの方々に支えられての今の幸せがあることを実感し、感動しました。
また列席者の人たちにも、スタッフの対応や内装が家庭的でリラックス出来る雰囲気だったと好評でした。

挙式後、教会を思い出の場所として家族などと訪れることができるのも魅力のひとつです。またホテルの方も子供の誕生報告、親戚との集まりなどでもお世話になりました。これからも子供の誕生祝いなどで利用して行きたいと思います。

自分たちらしさのある挙式・披露宴がしたい